債務整理に関する基礎知識や事例

利子または多くの貸金業者からお金を借りているによって借金額が膨れ上がり、返済することがもはや現実的でなくなった時に、借金を減らしたり失くしたりする手続きのことを債務整理と呼びます。ここでは、債務整理にどのようなものが存在するのかを、大まかに説明いたします。

① 自己破産
自己破産とは、今までに自分が負っている債務(借金)全てを免除する裁判上の手続きのことをいいます。借金がなくなるという響きは良いですが、自己破産を運用した際にはデメリットが多いため、それらを理解した上で運用することをお勧めします。
自己破産には、「借金が返済できないなら、せめて所有している財産や不動産だけでもお金に替えて、貸金業者に分配しよう」という性質があります。よって、自己破産をした際には、基本的に自分が所有している財産は全て処分されることとなります。手元に残る財産は、原則として今後生活する上で必要な99万円以下の現金のみです。
また、自己破産をした人は借金を返済することができなかった人であるため、信用に欠ける人物と認定され、クレジットカードを発行することができなくなったり、ローンを組むことができなくなります。

② 個人再生
個人再生は、自分が負っている借金の額を、最大10分の1にまで減らしてもらい、3年から5年にかけて返済していく手続きのことを言います。
自己破産と異なり、返済の義務は消えないですが、その一方で、財産を処分される恐れがないことがこの制度のメリットと言えるでしょう。

③ 任意整理
任意整理は、当事者間の話し合いによって借金の利子をカットしてもらう手続きのことを言います。自己破産や個人再生と異なり、裁判を経る必要がないため、時間や経費を削減することはできます。ただ、任意整理は当事者の話し合いによって決まるため、貸金業者が応じてくれないことも当然にありますので、注意が必要です。

以上より、債務整理は基本的にこの3つによって成り立っています。
どの制度が適しているかはその人の借金額や職業等の立場によって変化します。
債務整理でお悩みの方は、弁護士法人台大地総合法律事務所まで、お気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐久間大地弁護士の写真

Lawyer Daichi Sakuma

弁護士佐久間 大地

紛争は人と人との間で起こります。それは法人間の紛争であっても同じです。そして、人には感情があり、立場があります。 紛争解決、説得の1つのツールとして、法律という理屈を駆使することはもちろんですが、常に、人の感情、立場に配慮した業務を行うよう精進しております。

詐欺被害救済といえば「大地総合法律事務所」と認知していただけるよう、所員一同、プロフェッショナル集団として、常に研鑽を積んで参ります。

  • 所属

    第一東京弁護士会所属(登録番号55138)

  • 経歴

    新潟県新潟市生まれ

    新潟県立新潟高等学校卒業

    中央大学法学部政治学科卒業

    中央大学法科大学院修了

    司法研修所入所

    都内法律事務所勤務

    大地総合法律事務所を開業

テレビ取材を受けました WBS コロナショックどうなる世界経済 失業者狙う悪質「コロナ詐欺」

事務所概要

事務所名 弁護士法人大地総合法律事務所
代表弁護士 佐久間 大地(さくま だいち)
所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル南館17階
電話番号 0120-689-830
FAX 03-6369-3055
受付時間 9:00~19:00 ※時間外対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日対応可能です(要予約)
相談料 初回相談無料で承っております。